2021年10月17日日曜日

[幻夢] 霧に包まれた石鎚山

 


石鎚登山・・・後編。

登りがあれば下りがある。山を下らねばならぬのだ。水は山頂で飲み干した。水無しで後を過ごさねばらない。

下りだから楽勝。と思いきや急斜面だから足を突っ張りながら下っていった。汗は出る出る。喉は渇く。でも水は無い。水がないのがこんなにツラいなんて。

両脇に生えてる笹の葉。この笹の葉にミストが当たって露になった部分を舐める。あっちも舐め舐め。こっちも舐め舐め。変な人である。

嗚呼、水が欲しい。

早く下山したい。のに、足が攣った。やばいやばい。休憩する。何度も休憩した。中腹に差し掛かった時に霧が立ち込め雨が降り出した。

山道の脇に仰向けにぶっ倒れて天を仰ぐ。霧に包まれた森。なんて綺麗なんだろう。カメラを取り出してパチリ。これが天国なんだろうな。と天国気分に浸る。しばらく呆然。

雨が顔に当たって、おかげで身が引き締まった。また下山へ歩を進める。時々笹の葉を舐め舐め。なんとか喉の渇きを騙し騙し、誤魔化しながら無事に下山。

嗚呼、しんどかった。

今回のまとめ・・・

●水は大事

2021年10月15日金曜日

[色づいた山] 石鎚登山

 


霊峰石鎚山。天狗岳。

西日本最高峰、石鎚山に登ることを決めた。目指すは山頂、天狗岳。

石鎚登山と言ってもルートは色々ある。一番簡単なのはロープーウェイを使って一足飛びに山頂手前まで向かうコース。でも、もひとつ面白くないので、限りなく初級に近い中級コースを選んだ。

早朝、車で葛折りの道を運転して登山口に到着。カメラ機材と昼食と水を背負って、朝8時過ぎに登山開始。序盤好調。思っていたより登りやすい。これなら簡単に山頂に着きそうだ。登っては写真を撮り、また登っては写真を撮り、マイペースに進む。

尾根伝いに伸びるコースだったので、見晴らしのいい景色を眺めることが出来て、登っていて楽しい。順調に進んでいくと徐々に勾配がキツくなってきた。大腿筋に負荷がかかり始める。中盤はしんどいしんどい。どこまでこの斜面は続くのだろう。どこまでも続く。そして勾配もさらにキツくなる。

石鎚山は1982Mの高地。きっと寒いくらいに涼しいだろうと予想してたのに、妙に蒸し暑い。休憩のたびに水を飲む。ちびちびと節約しながら。持参した水は600ミリ。どんどん減っていく。汗だく。滴り落ちる汗。汗。汗。

途中で道標発見。山頂まで3キロ。たった3キロ?いや、まだまだ3キロ。山の3キロは長いのだ。それでも登るしかない。男は黙々と登る。やがて、鳥居が登場。そこには頂上まであと0.6キロ。よっしゃ。600メートル。楽勝。

が、その600メートルがさらに急斜面。断崖絶壁に組まれた頑丈な鉄で出来た梯子のような階段が続く。これがキツい。しんどい。勘弁して。600メートルを勢いで一気に登るつもりが何度も休憩。足パンパン。

それでもあともう少しと自分を宥めながら、頂上到着。一気に水を飲み干す。頂上に着いて登山客が休憩している付近を歩き回ると、なんと更にまた先があった。天狗岳である。でも、あいにく霧がかかって真っ白。

頂上に着く前、登山途中に下ってくる人がいたので訊ねてみた。

『天狗岳は見えましたか?』

『いえ、残念だけどガスがかかってダメでした。粘って待ったんですけどね』

と。。。

そうか、天狗岳、今日は見れないのか・・・。と思いながら頂上に着いてみれば、その通り。真っ白けっけ。深い霧がかかって全然ダメ。

そこで待つこと20分。霧が一瞬取れた。天狗岳の先が登場した。切り立った崖。それに向かってトライする人。人のウェアが点になって見えている。絶景。

すかさずシャッターを切る。霧がまたかかったり無くなったり。霧が晴れた合間を縫えたのは時間にして10分ほど。それ以降は真っ白に。幸い今回の目的であった天狗岳の撮影。ミッションクリアしたので大満足である。

ん?天狗岳のてっぺんまで登ったかって?当然・・・見送りました。だって怖いもん。足すくむよ。マジで。撮影できれば、それで良し!

今回のまとめ・・・

●石鎚登山は正直キツイ


2021年10月8日金曜日

[brilliance] 光模様

 


お散歩コースにあるコスモスを撮った。

今秋初撮り。光が色んなところに当たってキラキラしてたよ。



2021年10月4日月曜日

[風]

 


この日は台風の影響でススキが風にたなびいていました。


2021年10月3日日曜日

[日没]

 


10月1日は曇り予報だったが、最終的に日没前には快晴。

日没後も空が茜色に焼けていた。

[オレンジサークル]

 


オレンジの輪っか。

何これ?何これ?と思われるが、レンズのフレアである。太陽という強い光源を真正面でファインダーを覗くと現れる輪っか。これはこれで写真として面白いと思うんだよね。


2021年10月2日土曜日

[雲萌え]

 


大空を早いスピードで駆け抜けていく雲。

台風の日にはダイナミックな雲が出現しやすい。それを狙ってススキポイントにやってきた。ススキを撮るのがメインだけど、この日はこの雲が主役。カッコイイ!



[ススキの中を歩く]

 


生い茂ったススキの中を歩いた。

背丈は自分よりも更に高く埋もれてしまうくらいであった。


2021年10月1日金曜日

[ススキの大海原を漂う]

 


ススキが一面に生い茂る中、夕日が沈む。

ススキの大海原に一人佇み、酔いしれる。