2021年4月11日日曜日

[Unknown Flower] 名も知らぬ紫の花

 


カキオドシ?

違ってたらすまん。先に謝っておく。

 

 

追記。。。ありがたいことにコメント頂いた。

カキオドシあらため、サギゴケ!判明!

ありがとうございま〜す!

 

 

2021年4月10日土曜日

[Sweet Memories] 苺の囁き

 


苺のショートケーキって素敵。

昨日、確定申告という忌み嫌いし行事を終えた。脳の疲労困憊度マックス。自慢じゃないが、私は数字が大嫌いで計算ができない。電卓を使っても数字が合わなかったりと、一般人の計算能力の数百倍のろい。数字を見るだけで嗚咽してしまうほどの数字アレルギー。そんな人間に確定申告させるなんて、日本という国は酷い国家だと思う。

愚痴はこの辺にして、お祓いの意味もこめて、祝賀会の意味もあって、自分へご褒美を与えることにした。紫綬褒章もらうよりスイーツである。いつもはコンビニやスーパーで買ってるスイーツだけど、今回は特別にパティスリーという本格スイーツを隣町に買いに行った。どれも美味そうだったので3個頼んだ。1450円。えっ、前は1個300円とかだったのに時代の流れか一つ500円ほどの高級品になっていて驚愕したが、そこは太っ腹。お疲れな自分に贅沢である。贅沢は素敵だ!

まずは記念撮影。食べる前に撮る。これが俺の儀式。村の掟である。3個あるので、時間がかかる。撮ってる途中で我慢しきれずに口に入れていく。テンションが上がる。ファインダーを覗いて一番美し買ったのがストロベリーショート。ゼリーに包まれた苺がプルンプルンしていて、いきが良い。トレトレピチピチである。数分で終わらずに、追い込んで撮る。

今回のテーマは「あまかっこいい」である。甘さの中にも格好良さを目指した。撮影のあと、いよいよこのコが口へと運ばれる。口に入ると、転がる苺。コロン。いつもは苺を究極まで薄切りにして無理矢理クリームに貼り付けたようなナンチャッテスイーツに慣れてしまってるからか、口に転がった苺を噛んだ時に広がる苺のジューシー感、ハンパない。

甘い時間は短かった。余韻は夜が開けた今日となってもまだ続いている。苺に乾杯。今夜は祝杯でもあげるとするか。吾輩の良いところ・・・甘いんも、酒もガンガンいける口。吾輩に祝福を!パチパチ。


・・・以上




2021年4月9日金曜日

[Gentle Heart] Winty Peach

 


桜は終わったけどサクラソウは咲く。

サクラソウの中の品種であるWinty Peachを撮った。桜気分を味わえる。

撮ってると、大きなハートが見えた。これだ!パチリ!




2021年4月7日水曜日

[桜撮影終焉] 今年の桜活動完結

 


今年の桜撮るの、終わった。

今年はお仕事で東京、名古屋、京都、長野、と飛び回ってたので、腰を据えて撮れなかった分、毎年撮ってるのと違う図が撮れた。大部分は未現像。

ばててしまって、終盤は追い込めずに自宅軟禁。休養しないといけないほどヘロヘロになった。そんな年もあって面白い。これはこれ。それはそれ。

自分自身の桜活動は完結としたけれど、講師のお仕事として受講生の皆さんの提出作品をチェックしないといけないので、しばらく桜とはまだ向き合う。


水に浮かんだ花びらを撮ってると、おばちゃん同士の会話。

おばちゃんA「嗚呼、また来れた。良かった。来れんとおもてたけど。」

おばちゃんB「あんたそない言わんと、また来年もこよな。」

年齢が高くなると、次のシーズンは未知数である。元気である保証はない。私も。

そこで、今のうちに辞世の句を詠んでおくことにした。

「ひらひらり、はらりはらりと、桜花かな」

加藤、心の一句。きっと後世にも詠み人知らずで伝播されることであろう。


2021年4月5日月曜日

[桜散りゆく] 花びらひらりひらり

 


今年もまた花が散る。

土日はダウンして寝込んでたので、久々に桜パトロール。

公園の桜は昨夜の雨でかなり落ちた。その代わりに沢山の花びらが降り積もっていた。

花びらを撮りながら思ったのは、子供の頃に海岸で見つけた桜貝。

ほんと桜の花びらみたいな貝。綺麗だったな。

そんな桜貝を拾って集める少年だった。

もうずっと昔の話なので、そんな記憶は抜け落ちてたけど、

花びらを眺めてるうちに蘇る記憶。



2021年4月4日日曜日

[桜のアーチ] 遠征で見た桜絶景

 


日本のどこかで。

先週に撮影した写真。日本は広いね。こっちが終わっても、あっちがある。

そんなこんなで、ここはまだ咲き始めでござんした。

まだ桜を撮りたい者は北上せよ。

拙者はお疲れにつき、もう動けん。

う〜、マンボぅ!


2021年4月3日土曜日

[京都府植物園の思ひ出] 京都で見た桃の花

 


桃もスモモも桜のうち。

同じバラ科なので、桜の仲間に入れてあげるのだ。

美しいから、これでいいのだ。

枝垂れ桃な〜のだ。



[五条川の思ひ出] 五条川で見た桜

 


先週の五条川での桜撮影より。

五条川の土手には菜の花が咲き、桃源郷な光景であったとさ。

まだ五分咲きにつき、蕾が多いけど、桜のボリューム感は伝わるはずぢゃ。

[小金井公園の思ひ出] 桜が遠望にはまった日

 


先週の小金井での桜撮影より。

公園にあった大島桜。アングルを探っていて大発見。桜から伸びるカーブを描く枝が、100メートルほど向こうに見えるケヤキ並木?のカーブにうまくハマった。なんか、鍵穴にうまく鍵がカチッと合ったようで、気持ちよかった。自然の中で見つけた大発見!感動〜


2021年4月2日金曜日

[Last Sakura] 桜見納めか?

 


今日で見納めになるのかなあ・・・

今日は旅の疲れがドッと出て、朝起きれなかった。

遠くに出てばっかりで家近の桜をあまり撮れてなかったので、疲れの残る身体で桜パトロール。桜の木からは散りはじめの花びらたちがひらひら。

撮影中に胸に痛みがキリリ。やばい、心臓系か?すぐにおさまらず、ベンチに座って休憩。30分後に車に戻ってシートに横たわる。そのまま睡眠。まだ疲れが残ってるっぽい。

自宅に戻ってベッドに横たわる。そしてまた眠りに。午後に起きたけど、まだだるい。倦怠感。今日は仕事出来んぞ。今日は安息日にする。

週末は雨が降るっぽい。これがラストの桜カットになるのであろうか?

つづく・・・


2021年4月1日木曜日

[桜イチゴミルク] 桜の撮影の後はかき氷でお祭りだ。

 


スイーツ男子健在。

桜の撮影の後はやっぱ、桜スイーツ。

とはいえ、桜味となると桜餅チックになるので、どうしたものかと思案してたら、良いメニュー発見。桜イチゴミルクの文字が目に刺さった。あっ、いて。

もう心は決まった。出来上がった桜イチゴミルクを口に入れる。苺の甘酸っぱさが五臓六腑に染み渡る。たまらん。至福の時である。

追い苺ソースと、追い練乳がちゃんとセットされていて、食べ進めていくごとにソースを垂らす。おお、二度、三度と美味い。絶品スイーツだ。

これで私も成仏できる。



2021年3月31日水曜日

[とあるどこかで] 桜撮影のお仕事から1枚

 


日本のあるお城に訪れて撮影のお仕事。

朝から晩まで、ガッツリ撮った。

なかなかいいのが撮れたはず。

まだ、ちょい出ししか出来ないけれど、

シブいのが撮れた。

今日は疲れたので寝ることにする。


2021年3月30日火曜日

[Merry Go Round] 回る回るよ世界は回る

 


地球は回っている。

そして、桜も回る。

私の頭も回ってる。

ぐるぐる。

ぐるぐる。

2021年3月28日日曜日

[桜日和] 山桜萌ゆる

 


京都で出会った山桜。萌ゆる。


一週間ぶりに自宅に戻った。一週間経てば浦島太郎である。ベッドに横たわってダウン。もう、ただのカスである。中身は空っぽだ。

今日は朝から雨。雨で良かった。晴れてたら絶対撮影に出かけてたと思う。ただ残念なのは洗濯が出来ない。一週間分の洗濯を早くしたい。ついでに心の洗濯も。

とにもかくにも頭が回らない。いや回ったらエクソシストである。怖い。

そんな中で、京都で撮った一枚、とりあえず現像した。


2021年3月26日金曜日

[桜花絵巻] 京都で桜を撮る

 


今日は京都でワークショップの日。

東京、名古屋、京都、全国ワークショップの旅の最終日。

いや、正直疲れた。精魂使い果たした。

もう身体に何も残っていない。

残っているとしたらカスだ。

今の私はカスなのだ。

と、疲れてるから、しょーもないことしか書けない。

よく頑張った。

自分を褒めてあげたい。


[Cloudy Pink] ピンキーな桜の花

 


昨日、京都で桜を撮ってる時の出会い。

それはソメイヨシノでもなくオオシマさんでもなく・・・

何さんかわからぬまま全体にピンク度が高いコをパチリ。

うん、いい。好み。

2021年3月25日木曜日

[Rainy] 雨の京都

 



名古屋から京都へ

京都はあいにくの雨であった。

雨の中、桜を撮影。

花びらに滴がキラリ。


2021年3月24日水曜日

[五条川にて] 本日のワークショップに乾杯!

 


本日は名古屋でワークショップ。

自分にお疲れ様!

花見日和で何よりでござんした。

[五条川にて] 名古屋の桜を撮る

 


昨日は名古屋で桜撮影。

桜は二分咲き。条件的には厳しい。なかなか絵にならないところを力技で撮る。今日はこの後ワークショップ。せめて今日は五分咲きくらいになってほしいなと。名古屋の中心で祈る。




2021年3月22日月曜日

[ヒュルリーラ] 桜舞い散る中に忘れた記憶と 君の声が戻ってくる

 



花びら舞い散る 記憶舞い戻る

[寒緋桜] 懐かしの小金井公園

 



小金井公園では寒緋桜が咲き乱れていた。

今回のワークショップは小金井公園。

東京在住の大昔、杉並から小金井公園までよくチャリってた。

気持ちの良い公園。今も変わりなく。



2021年3月21日日曜日

[Latte in Tokyo] 雨の東京

 




仕事で東京に。
今日は朝からずっと雨。
パソコンお仕事が終わって、カフェでラテ。
雨の憂鬱が少し、ほっこりします。

明日はワークショップ。
桜はまだ咲き始めだけれど、ゼロではない。
うん、なんとかなる。
きっと。。。



[Light & Shadow] 光と影の世界

 


影を背景に枝垂れを撮る。う〜んシブい。

2021年3月19日金曜日

[Pinky] 桜咲く

 


ピンクの桜が咲いていた。

今年初めて出会った、名も知らぬコ。

はじめまして〜


2021年3月16日火曜日

RED

 


180度回転させても同じ。・・・とはならないない。

2021年3月11日木曜日

[ゲレンデに立つ] 久々の雪原

 


久々にゲレンデへ。

もう、いい歳なのに、新たな挑戦を始めた。

スキーはベテランの域なれど、もう何年も板を履いていない。

今回試したのはスノーフィートと言う物(写真には写ってない)

ショートスキーよりもスケートに近い。

自分の計画では履いてすぐにスイスイのはず。

だった。

が、しかし、うまく行かない。

10000転んで、9999回起きる。

思い切って、リフトで頂上まで上がる。降りて後悔。

急斜面が怖い。自分が馬鹿だった。

スキーなら、何てことないのに、よちよちなギアでは無理。

嗚呼、 #スノーフィーター の道は程遠いと感じた。

また来年頑張る!と、心に誓った。

2021年3月8日月曜日

[宇宙旅行] さらば地球よ

 


さらば地球よ〜

緊急事態宣言が明けた関西。あまりにも引っ込み思案な人間になっちまったので、久々に地球から離れることにした。これで地球ともしばしのお別れ。

仕事も気になるけれど、成層圏では何も出来ない。と、言い訳。って言ってもいいわけ〜?





2021年3月6日土曜日

[小さなハート] pansy

 


公園にあった植え込みのパンジーを撮った。

すると、小さなハート発見!

乙女の目には星がいっぱいキラキラ。

そいや、七曲署にパンジー刑事っていたな。。。


2021年3月4日木曜日

[初桜] 今年初めての桜撮影

 


昨日見つけた桜。

種類はわからないのだけれど、河津桜でもなく寒緋桜でもなく白い恋人。

風がビュービュー吹いていたので、ピントが合ってたのは僅か2カット。


2021年3月3日水曜日

[Spiral] 甘い螺旋

 


ぐるぐる巻かれたソフトクリーム。

いくら食べても飽きないよね。



2021年3月1日月曜日

[梅見心地] 最終回

 


好評の梅見心地シリーズ完結

今年の梅。咲き切った感あり。昨日、一昨日で、近所の梅見処をチェックしてみると、新鮮な子が少ない。何を見て言ってるのかは日本の梅マニアの方々なら分かるだろう。

それは、蕊の部分。25日まではピンとしてたコもいらっしゃったが、もうダメ。例えて言うと、バカボンのパパのような状態。蕊がピンでなくて、ショボ〜としていて絵にならない。

そんな事で、今年は2/25を梅見心地を卒業する。



2021年2月28日日曜日

[梅見心地] 白いコが眩しいぜ

 


白い花びらがキラキラ。

梅にも色は色々。紅、ピンク、白。あと、まだ撮ったことないけど黄色もあるね。

毎日更新してる梅見心地シリーズ。

近所の梅見どころはほぼピークを過ぎた。

早咲きがしぼみ、遅咲きが咲こうとしている。


2021年2月26日金曜日

[Snow White] 白き夢見し

 


純白の図。

過去三日間のアップ画像を何気に眺めて驚愕した。

三日前二日前一日前、なぜか全部が構図が同じだ。

撮影日も違うし、撮った梅の個体も違うのに、この瓜二つ感。

芸がない人になるのは嫌なので、クローズアップで狙う。



2021年2月25日木曜日

2021年2月23日火曜日

2021年2月20日土曜日

[Pudding castella cake] プリンカステラの海

 


プリンカステラの海で溺れたい。

寒いと外に出て撮影するのが億劫になる。よって家に篭ってスイーツを撮る。続けて舌鼓を打つ。これ正解!波打ち際のカラメルがキラキラして眩しかったぜ。

2021年2月18日木曜日

[Strawberry Journey] 人生の終わりに何を食べたいかと訊かれると、迷わず苺と答える。

 


何を隠そう無類の苺好き少年である。

と、大好きなのに、我慢をしていた。

最後に苺を食べた日を覚えていない。

それほど、苺を買うのは久々だった。

苺をレジに持って行こうか自分会議。

じっと見つめていると奥から唾液が。

意を決してレジに差出す自分がいた。

今日のような寒い日は外出ると危険。

凍えないように自宅に篭り苺が正解。

まずは苺を記念撮影することにした。

心の奥で早く食べようぜの声がする。

撮り終わるやいなや苺を口へと運ぶ。

甘い汁が口の中で崩壊し解けていく。

久々に口で感じるこの至福のひと時。

全部で十個ほどあっという間に完食。

幸せな時間は長く続かないのである。

でも、また自分に誓うぞこの気持ち。

再び苺なる格別の果実を手にしよう。

苺に乾杯、苺に祝福を、苺に幸あれ!


2021年2月16日火曜日

[桜講座の番宣] 間違いだらけのカラーグレーディング記事

 



普段ふざけた事しか書いてないので、久々に真面目な話をひとつ。

桜講座を開講するにあたって。

講座ではアドビのライトルームの機能の一つ。カラーグレーディングについてわかりやすく解説をしている。具体的にどういう機能かを人柱になって研究を重ねた。

参考までにと、ネットで記事を漁る。結果、上位に食い込んでいるサイト記事のいい加減な事と言ったら。一言で言うと、拙い。恐らく大勢の人が信じるんだろうな。

具体的に何を指して言ってるのかはここでは書かない。

募集締め切り2/25まで。

募集ページは以下の通り・・・

https://photo-kouza.com/zissen_202103/s2/

2021年2月15日月曜日

[梅見心地] 昨日は梅受粉日和

 


昨日は小春日和。梅見心地につき梅撮り。

今日は朝から雨。昨日のうちに撮った梅をアップ。

背景を暗く落として、パシャ。

滲む梅の灯を一人、見ていた。

桟橋に停めた車にもたれて。

いや、もたれておらぬ。

言葉のアヤヤぢゃ。


そういや、これ撮るのに家の裏へ。

徒歩25歩。

やたら、ハチがブンブンブン。

ハチが飛ぶ。

なんでなん?

ハチがブンブン飛ぶ中で撮る。

おいら、ハチに囲まれても平気だども、

ハチ苦手な人なら苦行だろうな。

写真撮った帰りに振り向くと、

農作業の小屋に養蜂箱。

道理でブンブンブンなはずだがや。

受粉促進のためか?

受粉って、なんとなくフランス語に聴こえる。

ジュフーン。

ウィ、ジュマペル、フミオ。

ケスク、サ、バ。

鯖びや〜ん。

ってね。


あれ、何話してたっけ?

脇道ソレール。


まとめ…梅受粉


2021年2月14日日曜日

[Cremet d'Anjou de framboise] スイーツに酔いしれる

 


何を隠そう、私は立派なスイーツ男子だ。

略してスイ男。間違ってもスイカ男子ではない。

今回はたっぷり木苺のソース溢れたスイーツを食した。

感想・・・

口の中で、甘酸っぱさがクリームと絡み合っては溶けてゆく。

まさに至福の時間である。

バニラアイスの上には木苺のフローズン。

このコロコロっとした粒の食感が生の苺の存在感。

嗚呼、また食べたくなってきたぞ。

スイーツ男子、健在なり。と、豪語。




2021年2月13日土曜日

[梅とメジロ] 久々に望遠出して鳥を撮る

 


メジロシューティング


何で今こうやってメジロを撮っているのだろう。


2月と言えば、小笠原か沖縄でクジラを撮影してるのが当たり前だったのに、いつの間にかクジラから遠ざかっている。メジロを撮ってる自分が不思議だ。


生き物を撮らせりゃ、左に出る者はいないほどの凄技を持つ私。メジロを撮る時にも手は抜かない。オートフォーカスを外してマニュアルでピントリングをクルッと回してパシャ。一発でピントが合う。生き物シューター健在である。


世の中、一寸先は一寸法師である。クジラを撮ってる人間がメジロを撮る。来年は何を撮ってるかわからないけど、腕が鈍らないよう只管撮る。いつでも何でも撮れるようにアイドリングしておく。


嗚呼、旅がしたい。それが今の私の心の声である。

2021年2月12日金曜日

[Blowin' in the Wind] 梅を風の中で撮る

 


写真撮る時に風があるからと止むのを待つ人がいるけど、私は違う。

風があるからこそ、風を使って撮る。

風ならではの楽しさだと思う。

花びらは止めて写し、手前の蕾は風でぶらしを加える。

これでいいのだ。



2021年2月11日木曜日

[梅見心地] 新たにゲットしたレンズで梅撮り

 


レンズは山ほど持ってるにもかかわらず、また新しいレンズをゲット。

Primoplan 75mm f1.9


知る人ぞ知る。知らん人は知らんレンズ

被写体はもちろん梅。

梅見心地キャンペーン中である。

撮るの、今でしょ。

さあ、今日も撮りに出るぞ。

A, A, O !

2021年2月10日水曜日

[梅見心地] 梅撮り絶好調

 


梅見心地に浸るように久々のレンズ。

梅に纏う光のベールを滲ませるのにペッツバールをチョイス。

モワモワのボケが好き。