2020年9月18日金曜日

[Swim with Dolphin]

 

 
光のカーテンの中でイルカと伴に泳ぐ。
 
今回の旅でお友達になった、女性。スイムウェアが素敵。それにスイムラインが綺麗。また泳ぎが上手く、イルカの位置にピッタリ、ポールポジションにつけて泳いでらっしゃるので、イルカだけでなく、この方を含めて絵作りさせて頂いた。
 
もちろん、後で掲載の許可に快諾して頂き、画像をプレゼント。ボートで私と一緒になった方の特典つきとなる。一人旅なので、どなたと一緒になるのかは運まかせ。
 
今回は女性は旦那さんとお二人でいらしてた。夕飯時にお話すると、共通の友人が出るわ出るわ。海の世界は狭い。どこかで必ず繋がっている。これも何かのご縁。この日からご夫婦とお友達となった。
 
素敵な出逢い。一期一会に乾杯。

2020年9月16日水曜日

[Restart]

また再始動しようと思う。光に包まれたホタルの撮影が終わって、色々あって闇の中にいた。闇の中でもがくでもなく、ただ身を任せて、闇の奥へ落ちていく。そんな日々が続いた。人生プラマイゼロと言われる。だけど、本当だろうか?人によっては光:闇の割合が7:3だったり、逆に2:8だったり、ひとつではないような気がしている。  
闇に身を投じていると、それに慣れてしまい何もする気が失せる。以前の私ならば、打開すべく、前へ前へと進んだ。折れては起き上がり、また折れては立つ。
 
正気になれるのはホタルと対峙する時期。闇の中で無心になれる。目を開けて、時には閉じて闇に包まれる。頭の中は空っぽだ。
 
それでも、生きてる以上、メシを食う。食う為には働く。みんな同じだ。それぞれがそれぞれ笑ったり泣いたりして生きている。
 
御蔵島に行くことにした。イルカに遭いに。

今は大阪に住んでいるが、仕事先は横浜。ちょこちょこと仕事で上京している。先に仕事の日程が決まり、御蔵島の宿の予約状況を見た。

そしたら、仕事終了の次の日から二泊空きがあった。息抜きをしにイルカに癒やされたいと思って、躊躇無く予約を放り込んだ。
 
その日が近づく頃に台風10号が猛威を振るっていた。台風通過後の影響は多分にあり、御蔵島行きのフェリーは連日欠航。一抹の不安。

出発の当日。着岸出来ない可能性ありという条件付きの出航。御蔵島への旅ではよくあることだ。ダメ元で船に乗ることにした。

翌日の朝、着岸時刻。放送で下船の開始を促す放送。一抹の不安は希有に終わった。海は凪の状態。穏やかな海。そして一年ぶりの御蔵島。

今回の一人旅。またいつものようにパッとしない感じに過ごして地味な旅になるのだろうと思っていた。

ところが、光に満ちた旅となった。
 
 イルカと絡む時、ミラクルが起きると言う人は多い。けど、自分には無縁だったので、そんな馬鹿な。奇跡という言葉は言葉だけで現実には存在しない。
 
それが、今回の旅では、不思議な事に自分の人生に置けるキーパーソン3人に偶然5年ぶりに再会した。輝いていた頃の過去が蘇る。
 
それから、初めて出逢ったとってもファンキーな方々と仲良くさせて貰って、久々に仲間と一緒になってイルカと泳ぐ楽しさ。
 
以前は沢山の仲間に囲まれていた私が、Facebookを退会してからは誰とも会わなくなった。一年に会う友人は一人か二人。数百人の仲間がいたのが嘘のように潮が引くが如く消えた。
 
孤独は嫌じゃない。一人だと気楽。何をするにも今は一人。それが今回の旅で友人と再会し、新しい仲間が出来たこと。それがイルカと出逢うことよりも何よりの癒やしとなった。
 
当ブログは今年のはじめに再開して毎日更新を続けてるうちに月間1万ビューを超えるようになっていた。継続は力なり。でも、数はどうでもいい。やる気が失せ、再び休止。
 
休止と宣言したけど、もう正直なところ発信系は、お仕舞いにするつもりだった。
 
 それが、今回の旅で沢山の光を浴びた。こんなに光に包まれたのは久々だ。眩しい愛しき日々。今回の旅は一生忘れないだろうな。
 
また、ダラダラと独り言を呟こうと思う。
 
今回の旅で再会した友人に感謝。そして新たな仲間達に感謝。

2020年9月12日土曜日

2020年7月24日金曜日

[樹とヒメボタル] 撮影遠征後にクリーニングに勤しむ姫仙人の話




一本の樹の周りにヒメが舞う図


この日は一本の味のある樹をアングルに入れてヒメボタルが飛ぶ図を狙った、結果、見事的中。自分の思うような作品と成り得た。それに気をよくして、翌日同じ場所に違うレンズを使ってセット。結果、土砂降りとなった。ノックダウンである。


雨だけならまだしも強風が吹いた。撤収する時に見ると、レインカバーははずれ、カメラとレンズはびしょ濡れ。とんだ滝修行をさせてしまった。車に戻って動作を確認。レンズは電子接点がないマニュアルレンズだから平気。カメラは電子部品の塊。シャッターが降りない。


何度やってもシャッター幕が途中で引っかかってエラー。そうなったものは仕方が無いので、諦めて数日放置。すると、シャッターが切れるようになった。が、撮った写真をプレビュー出来ない。またオートパワーオフ機能もいかれてる。


そんな状態に陥ったが、写真は問題無く撮れるので、その後の撮影でも使った。ただ画像を表示出来ないだけである。割り切れば使える。レンズはマニュアルレンズでずぶ濡れになったが、乾かしてやれば、問題無く使える。実際、そのレンズを何度も使って撮った。


そして、ヒメ活が終わり、今日、レンズのチェック&クリーニングと防湿庫へ戻す儀を執り行った。マニュアルレンズなれど、値段は10万円を超える。他のレンズもヴィンテージもので中古なのに16万円するのもあったりとお宝の山である。


恐る恐るカビチェック。自慢じゃ無いが、レンズにカビを生やす大名人である。今まで両手の指ほどの数のレンズにカビ栽培させた前歴がある。まさに常習犯なのである。現代レンズはサービスに出せば、「加藤さん、またやったの?駄目じゃない~」と呆れ惚けられるだけで済む。


コワイのはヴィンテージものやオールドレンズ。そういったレンズを取り扱っている専門のとこに依頼しないといけないので、修理代金が高くつくうえに、部品や交換のレンズが無い。取り返しがつかなくなるのである。なので、今日念入りにクリーニングに至った訳だ。


遠征に持参したレンズは約30本。こだわりのレンズ。全て無くてはならない大事なレンズ。自分が生きてる間はちゃんと持たせたい。クリーニングの後、防湿庫に入れたらパンパンになった。隙間にレンズをねじ込む姫仙人。レンズ多すぎやろ。


ボディは適当。姫仙人はレンズは大事にするのに、ボディは結構ほったらかし。可愛い子には旅をさせよ。である。ん?違うか?まあいい。オリンパスのボディキャップがない。数百個入ったキャップ箱を部屋にぶちまけて探す。1個は出てきた。もう1個出てこない。


それだけで今日半日を費やした。アホである。姫仙人は仙人でありながらもアホなのである。イラッときた姫仙人はキャップだらけになった部屋を片付けようとしなかった。見つからなかった事に腹を立てて、現場放棄である。おもちゃを散らかして外に遊びに行く子供と何ら違いは無い。


世間は4連休らしい。姫仙人には関係の無い話だ。馬鹿な政治家が旅行に行けとほざくが、誰が行くかいな。収入ゼロなのに、行ける訳ね~だろ~が、バ〜カ!そう思ってる庶民はきっと多いと思うぞ。



本日のまとめ・・・四連休は引き籠もり


2020年7月23日木曜日

[丸窓の樹] 姫仙人が撮るヒメボタル




ま~るく空間が空いた一本の樹。

根元が丸窓のように開いた樹をこの場所にやってくれば、必ず撮るようにしている。そう、定点撮影である。どこにどう飛ぶかわかっているので、セッティングには時間がかからない。今年は森にやたらと白い花が咲いていた。折角なので丸窓の隣にアクセントで置いて撮ってみた。

この場所は秘密の場所だったが、年々ここが知られるようになり、ヒメボタルを撮りに沢山の人が押し寄せるようになってしまった。ヒメボタルを追っかけてる人であれば、あ~、あそこだ。と、すぐに気づくはずだ。それだけ、判りやすい場所にある。

この日はまだシーズンに入ったばかりで、なかなかこの場所にヒメが飛んでくれなかった。約二千カット撮って光が写ってたのは二十カット程度。それら全てを使って仕上げた。少なめなので、副題となる丸窓と白い花が埋没せずにしっかり主張してくれている。

この丸窓。撮り始めて、かれこれ10年ほど経つだろうか。いつまでここで丸窓を覗かせてくれるのだろう。月日というものは優しくもあり残酷でもある。いつか朽ち果てる時はやがて訪れる。自分が来年ここに来る時もちゃんと窓を開けて待ってくれてるだろうか。

今日、私が指導差し上げてた受講生の方が亡くなった。お歳はご高齢でお婆ちゃんだったが、まだまだしっかりされていたので、またご一緒する日が来ると思っていただけにショックは隠せない。えっ、嘘。と、言葉を失った。

昨年は身内を含め色々な人を見送った。その度に気が落ちる。その度になかなか正気に戻らない。ここ最近は引きずってばかりいる。その度に落ち込むのである。

昨年の秋だったか冬だったか、自分と同じ下宿に住んでいて仲良く学生生活を送っていた友人を亡くした。訃報を知ったのはネットニュース。彼はかつては有名人。キーボード担当で時々ハイトーンボイスでコーラスで唄っていた彼。メジャーデビューする前に大阪の本町の歩道で偶然パッタリ会って、「おう、スポック!(下宿での私のニックネーム)○○からデビューするからねっ!」と意気揚々としていた。それから数ヶ月してテレビに彼が登場してるのを見て、自分自身刺激を受けたものだ。その当時は私はまだグラフィックデザイナーで、写真の道に入る以前の事である。

自分が人生を写真でやっていこうと決断するのは随分後の事。決断は遅い早いはそれぞれ。機会は巡ってくるものである。私もミュージシャンになった彼も大学で専攻していたのは英語。それがなんで?となるが、ただ遠回りしただけである。人生には無駄が無い。英語を学んだ事は自分の歩んだ時間の中で活かされている。

突然降りかかった訃報。ご遺族の意向で、死因は明かされなかった。自分よりひとつ学年は上だったが、話す時はいつもタメ口。色々馬鹿なことやって遊んだな。いつかまた大阪の街でパッタリ出会って、色々話したかったな。その日が巡ってくるのを心待ちにしていたが、遂に叶うことなく幕が閉じた。

時間が流れてる以上、必ず終わりはやって来る。自分にも必ずその日は訪れる。しっかり今を生きるなんて、教科書のようには生きていない。適当な人生である。綺麗事を語るつもりはない。ダラダラしたい時もある。それでいんじゃないのと、もう一人の自分が呟いている。うん、それでいい。無理はしない。

なんか話が妙な方向へそれてしまった。それもいい。このブログは私の独り言を綴ったものだから、それで良いのである。ここで久々に「今日のまとめ」を書こう。


本日のまとめ・・・ダラダラ


2020年7月22日水曜日

[苔むす岩とヒメボタル] 姫仙人日誌より



苔むした岩の周りを飛び交うヒメボタルの図


ヒメボタルと絡める物がないか。撮影の際に必ずチェックを入れる。ただ単純にヒメボタルを撮るだけでは得られない厚みが加わるからである。昨日は「切り株」、今回は「岩」。一見、何の変哲も無い森に佇む単なる岩に見えるが、角度を探ると格好良く見えてくる。後はこの岩の周りにヒメが舞えば、作戦成功となる。


岩の背景はまだ日が残る夕刻7時に撮影。なぜなら、夜が更けると森が真っ暗になるからだ。どんなに露光しても僅かな光も存在しない世界では、どんだけ頑張っても風景が浮かび上がらない。まさに漆黒の闇の世界。なので背景を前撮り。撮影後にコンポジット。


この日、ヒメが舞ったのは深夜。それまでは現場でただひたすら待つ。その間スマホをいじったりするような野暮な事はしない。そもそも我が輩、スマホなるものを持っていない。闇に入れば、闇に従え。ただ闇を見つめて、ヒメが光るのをただ待つのみである。


この日は幸いヒメが舞ってくれたが、場合によっては光がゼロで終わる事もある。光が来れば、待った時間も報われるが、ヒメが出てきてくれず、光がポツっとくらいで終了した日の精神的ダメージは大きい。ものの哀れ。打ち拉がれたまま車に戻り枕を濡らすのである。


この日は無事に撮れたので頭の中で祝杯をあげた。車生活なので、酒の缶があるともし職質を受けると、あらぬ疑いをかけかれないので、アルコール類は一切積んでいない。あくまで脳内乾杯である。


遠征二週間のあいだずっと、酒類ゼロ生活だったので、自宅に戻った時は真っ先に冷蔵庫を開けてリアル自分乾杯の儀を執り行った。俗に言う発泡酒なる庶民のアルコールを五臓六腑に注入した。


休息という名目の元、ここ毎日祝杯をあげている姫仙人であったとさ。めでたしめでたし。。。



2020年7月21日火曜日

[ヒメボタル撮影遠征二週間総括] 姫仙人日誌より




オラ、ケタール!


二週間に及ぶヒメボタル撮影遠征の旅を終えて、自宅に戻って蓄積していた疲労が一気に怒濤のごとく瓦解し、ぶっ倒れた。ノックダウンされた姫仙人である。丸二日間ほど寝込んでしまった。体重も激減していた。もう無理が利かなくなったお年頃。我ながら情けなや。


日本各地を転々としてヒメボタルの撮影を行えた事は、各地の森の情報提供を頂いた皆さんのおかげである。この場を借りてお礼を申し上げたい。もしあなたの村でヒメボタルが光ってるならば、是非とも情報をご提供頂きたい。国内外問わず、参上仕り候。


色々な場所を撮影して回った訳であるが、その中には余りにも有名過ぎて、作品をネットに挙げられぬものが幾つもある。その作品については私のディバイスに入れておくので、見せておくれやす~と京都弁ではんなり仰って貰えれば、いつでもご披露しよう。


今回の遠征で悩まされたのは「雨」である。この雨には泣かされた。機材の調子が悪く。一応撮れるようになったが、半分故障となったカメラもある。機能の一部が作動しなくなっているが、ホタル撮影には何とか使える。修理センターに出すと修理代がかかるので、そのまま使うことにする。


昨年までは遠征しても三日間ほどであったが、長期遠征を可能としてくれたのがポータブルバッテリーの存在だ。前にも書いたが、USB充電だけでなくパソコンのACアダプターに対応しているので現地で画像の仮組みが出来る。おかげで森の中で過ごせるのである。そして、場所を移動する時に車のシガーソケットに繋いで充電。もうバッテリー切れの心配をする必要がなくなった。無敵である。


食料は前もってスーパーで大量に買い込んでいたパンとカップ麺。この二択しかない。飛行機に乗ると、ミールタイムに「Beef? or Chicken?」とキャビンアテンダントから訊かれるが、「Bread? or Noodle?」と姫仙人が訊いてきて、姫仙人自身がどちらかを選択して口に運ぶのである。それは食事というより、もはや作業の一部。撮影しながらパンを頬張る。そんな日々を続けた。道理で体重が減る訳だ。パンにおいては、二週間目に青い斑点が出てくるものも出てきた。姫仙人ともなれば、そんなことは気にせずに目をつぶって食べる。が、舌は正直である。その青い斑点の味覚を感知する。クロワッサン系のパンなのに、なぜだかカマンベールのようなブルーチーズのような味がした。もしかしたらペニシリン効果で薬効もありそうだ。なんだかちょっと得した気分である。


:::::::::::::::::::::::::::::


さてさて、肝心なヒメボタルのお話。興味深いことに、各地によって様々。まず、出る時間帯がバラバラ。夕暮れだったり、夜更けだったり、深夜だったり。この発光時間に翻弄される。夕暮れ型だと、とても助かる。なぜなら撮影が早く終了し、あとはのんびり。睡眠時間もたっぷりとれる。困るのは深夜から明け方にかけて光るタイプ。空が白み始めるまで光る。これに付き合うと、明け方に寝る事になる。太陽が昇ると車中がオーブンとなり、こんがり姫仙人の焼き上がり。さあ召し上がれとなるのである。


それから、雨とヒメボタルの関係。これも様々。ある場所だとザーザー降ってる中でも活発に飛んでガンガン光ってくれるのに、別の場所だと、ほんの僅かなパラパラした雨でも光が少なく且つ弱い。あまりに光が薄暗くて、カメラの感度設定を1段上げないと撮れない事もあった。


そうだそうだ、雷の日もあった。この日は夕暮れ族を撮った後に場所移動して姫撮影のハシゴをした日。背景は奥が真っ暗。こういう場所は先に夕刻に前もって光のあるうちに撮影して、後の編集でコンポジットする手法を用いる。が、この日は稲光が走り、何回もフラッシュが焚かれたように背景が浮かび上がる。おかげで前撮り無しで雷の光で露光した背景をゲット出来た。雷様に感謝。


そんなこんなで遠征が終了。7/19に家に戻り、姫活を終了した。


今はただただ放心状態。兎にも角にも休息。まだまだ編集していない手つかずで塩漬けされたデータがあるので、コツコツ開いて作業しないといけないけれど、もう少し落ち着いてから。


今回アップの作品は「苔むした切り株」


切り株に向けてカメラをセットして、その背後にヒメボタルが飛べば成功。となる図を狙って見事的中。しっかり光が入ってくれた。そういや、この日も時々雨が降ってたなあ。この二週間の出来事なのに、なぜかずっと昔のように感じる。


身体がバテバテの中でも当ブログの更新が途絶えないように朦朧とした状態でアップをした。夜12時になる前にムクッと起きて更新した日もあった。なんとか毎日更新出来た。明日からは、まだ紹介していないカットを7月末までアップするつもりでいる。


8月以降の撮影の予定は白紙。そう、白紙に戻そう遣唐使である。



この二週間ずっと風呂に入っていなかったので、昨日はなんちゃって温泉に行って野獣の香りから開放された。現在はローズマリー&バジルの香りに包まれている姫仙人であった。


2020年7月20日月曜日

[姫仙人ダウン] ヒメボタル日誌




姫仙人、疲労困憊の為、ダウン中なので


ヒメボタルにまつわるお話は後日にまた。


取り急ぎ、作品1点をアップするあるね。

2020年7月18日土曜日

[遠征二週間] ヒメボタル日誌




またまた場所を移動して姫活


場所を大きく移動して毎年ヒメボタルを撮影しているとある現場へ。5台セットするも本命の4台は数カットしかヒメボタルの光が入っていなかった。撃沈。


保険で設置した1台がかろうじて、そこそこいい感じに飛んでくれていたので、ここにアップする。これは一昨日に撮ったもの。森に霧が立ちこめた中で撮影した。


昨夜の事は話が長くなるので、また明日にでもと考えている。


遠征を始めてから、もう二週間が過ぎた。長い遠征であったが、今夜の撮影をラストにして家に戻るつもりだ。