2020年10月28日水曜日

[木道] 森を歩き彷徨う

 

 
 
味のある木道が好きだ。

この蛇行具合が素敵。

この木道を作った人、センスがいい。と拍手。

2020年10月26日月曜日

[大自然の中で] 大台ヶ原の醍醐味

 

 
 
毎年通っている大台ヶ原。

魅力はとにかく広い。ダイナミックな自然に抱かれる。

今年は紅葉を撮るにはベストタイミングであった。

台風の直撃がなかったのも幸いしている。

不思議な事に今年は台風が少ない。

それはそれで心配。

海水温が暖かいままだと珊瑚の白化が始まる。

適度な雨が必要だね。


2020年10月24日土曜日

[巡り合わせ] シャッターチャンスを逃すな

 

 
大台ヶ原で高台より紅葉を狙った。
 
始めは、木道の階段と紅葉という図であったが、点景が欲しい。そこで、しばらくチャンスが来るのを待った。黒のウェア、違う。青のウェア、違う。そしてイエローが来た。すかさずシャッターを切った。このシーンには、このイエローが映える。
 
こういうシャッターチャンスはラッキーというものではないと思っている。偶然ではなく、自分にもたらされたギフトなのだ。必然として巡ってくれた機会に感謝!
 
 

2020年10月22日木曜日

[絶壁からの絶景] 今年の紅葉撮影の始まり

 


紅葉撮影を開始した。
 
近年は大台ヶ原から紅葉撮影活動を開始している。今年もまたこの地を訪れた。天気予報は晴れ。山の天気は変わりやすいので、さほど当てにしてなかったが、朝の内若干曇っていた以外は快晴。
 
いつもの撮影コースを巡りながら、色々と撮っていく。順調すぎるくらい順調で大台ヶ原のメインディッシュである大蛇(だいじゃぐら)には、昼12時に着いた。ここでは大体180度パノラマの絶景を拝むことが出来る。なので、180度パノラマ撮影も出来るのだけれど、一番美味しいところを景色からクロップ。
 
大台ヶ原の紅葉は毎年早すぎたり、もう終わりかけだったり、一喜一憂していたが、この日は見頃の中の見頃。紅葉のほぼピークといっても良いだろう。使用したレンズは12ミリ、15ミリ、21ミリ、28ミリ、35ミリ、40ミリ、50ミリ、58ミリ、と全部単焦点にした。理由は取っ替え引っ替えレンズを使うのが楽しいから。ズームレンズでカバー出来るのだけど、レンズ交換する楽しさは「合体ロボ」に通じるものがあると思っている。本体であるボディと、カチャっと「合体っ!」と心の奥で叫びレンズを換えて撮る。
 
大台ヶ原では雨の日に当たる事が多く、そういう場合はボディは2台としてレンズを広角ズームと標準ズームに割り当てて、レンズ交換は行わない。雨天でのレンズ交換は雨粒の侵入が恐ろしいからである。増してや雨に加え、強い風が吹く日は鬼門である。カメラ内部に水が入れば、故障となるリスクが高いので、そんな日のレンズ交換は避けた方が良い。

話を大台ヶ原に戻すと、もう昼過ぎまでには一通りを撮り終えて、駐車場に早く戻ってきた。あわよくば連日撮影をする覚悟で来ていた。食料も着替えもポータブルバッテリー、ポータブルSSDもある。が、ひとつ無い物。これがないと困る物。それは寝袋。標高はそこそこあるので、低温下で寝袋ナシというのは辛い。う〜ん、と考えることもなく、帰宅を選んだ。

いつもであれば、年2回ほど大台ヶ原で撮影を敢行するが、今年は十分満喫した。また今年のうちに再び来る選択肢は無かった。コロナ禍で運動不足に陥ってたので、身体がしんどいという悲鳴が聞こえてたのもある。大台ヶ原に訪れた事がある人なら判るけれど、山登りとしては大したことなくハイキング程度の優しいコースである。だけど、今年は帰りがしんどかった。ちょっと体力作りをしないと次の紅葉活動がきつくなる。良し、運動するぞ!と、心に誓った。と、早朝からマクドナルドに来店して、そこでコーヒーとハッシュドポテトを食べながら、当ブログを書いている。

天気予報によると、今日から天気が崩れるとのこと。こりゃ、雨で外に出れないなあと、自分を甘やかそうと企んでいる。人に甘く、自分にも甘い、駄目駄目人間である。チビッコはくれぐれも真似をしないように!

 

 

2020年10月21日水曜日

[Last One] 今年のコスモス作品の最終回

 


コスモス写真の最後の1枚はコレだ。

一杯撮ったからお腹いっぱい。

また来年のお楽しみ。


2020年10月17日土曜日

[abstractive] コスモス畑で

 




ピントをアウトフォーカスにして抽象的な図を狙う。

不可思議な魔法を使ってみた。



2020年10月16日金曜日

[Pastel] コスモス

 

 
コスモスをパチリ。
オリジナルの改造レンズを使って撮っているので、不思議ちゃんな風合い。
ファインダーを覗くとコスモスの向こう側に行けた。