2022年7月22日金曜日

[姫活終了] 今年のヒメボタル撮影を終えた

 


今年はヒメボタルの撮影を7月17日をもって終了とした。

約二ヶ月間に及ぶ撮影。自分にお疲れ様。

撮影は終了したのだけれど、撮影後の編集作業がまだ残っている。

実は未編集のフォルダがたっぷり残っている。

昨年も一昨年も、編集されぬまま眠っているフォルダがある。

後で、後でと思うのだけれど、シーズンが過ぎると面倒くさくなるのだ。

今年もコロナ禍なので、花火大会が行われない場所が多い。

よって、花火撮影をスルーするから時間はたっぷりある。

その分、編集作業に充てられる。

けれど、重たい腰がなかなか動かない。

そうやって、未編集が溜まっていく。

駄目な自分。まあ、そのうちに。。。

2022年6月28日火曜日

ゲンジボタルとヒメボタルの饗宴

 


ゲンジボタルとヒメボタルのコラボレーション。

新たに発掘したニューポイント。

なかなか両方をいっぺんに撮れる場所って少ないんだよね。

2022年6月25日土曜日

川の上をゲンジボタルが舞う

 


今年初めてのゲンジボタル撮影。

初めての場所。

自宅から車で20分という近さ。

人知れず飛んでたんだねえ。

2022年6月10日金曜日

山肌に光り輝くヒメボタル

 


うっそうとした山の中。

山深い中にパノラマに広がる広大な山肌。

そこで観るヒメボタルの図は圧巻だった。

2022年5月30日月曜日

ヒメボタルのシーズン到来

 


姫蛍の季節が到来。

久々の森。

撮影したんだけど、尾を引くような写り。

こんなコ始めて見たかも。

森に通う日々が始まる。

今日は雨につき休養日。

2022年4月29日金曜日

シャクナゲの花

 




たぶんシャクナゲだったと思う。


話は変わるけど、つい最近になってページビュー数が激減した。
いつもは平均500ビューくらいいってたのに、
昨日、今日みたら28と54。
少ないにもほどがあるやろ。
なんでなのかはわからん。
謎である。

追記:昨日のページビュー数はなんとたったの20
最低記録更新。
なんかやる気なくす。
ブログ、やめよかな。

2022年4月27日水曜日

金の刺繍

 


牡丹の花。

蘂が金色の刺繍に見えてきた。

もう、それにしか見えない。

2022年4月25日月曜日

清楚な白いツツジ

 


それはそれは純白であった。

蘂まで真っ白。

情熱の赤い薔薇

 

まだ四月ですが、赤い薔薇が咲いていました。

フチが黒く見えていますが、傷んでるわけではありません。

こういう種類の薔薇であります。

2022年4月24日日曜日

2022年4月23日土曜日

2022年4月21日木曜日

ソリッドとラウンド

 


奥の花はシェイプが丸っこいのだけど

手前の花はエッジが立っていてソリッド。

隣同士で咲いていた。

親戚同士なのか他人なのか不明である。

2022年4月20日水曜日

2022年4月19日火曜日

2022年4月18日月曜日

2022年4月17日日曜日

ドウダンツツジって・・・

 


ドウダンツツジって・・・花としてどうなんでしょう?

さあ、どうだんでしょうねえ。

という会話があったとか、なかったとか。

2022年4月16日土曜日

空を押し上げて

 


空を押し上げて 手を伸ばす君 五月のこと

ん?ハナミズキって五月だっけ?

四月の昨日、咲いていたんだけど・・・

んむむ・・・

2022年4月14日木曜日

2022年4月12日火曜日

2022年3月27日日曜日

2022年3月17日木曜日

2022年3月4日金曜日

[第3回フォトアドバイス写真展] 写真展のおしらせ

 


写真展の告知。

来週3月11〜17日に写真展開催。

受講生の皆さんの珠玉の作品を展示。

私も講師枠で1作品を展示します。

大阪、東京、名古屋の巡回展。

ご来展、是非!

https://www.fujifilm.co.jp/photosalon/osaka/22031103.html


2022年3月2日水曜日

[テーブルフォト用の台に凝る] 槐と鉄刀木

 


物撮り用に買った台。

丸いのが槐で、四角いのが鉄刀木。

見慣れない漢字なので、普通の人は読めないだろう。

槐(エンジュ)、鉄刀木(タガヤサン)である。

撮影の時に悩ましいのは、被写体より木目や年輪が綺麗で惹かれること。

心を鬼にして、あくまで台として扱う。


2022年3月1日火曜日

アメジスト

 


アメジストをポチった。

特に深い意味はない。

綺麗だな〜と思った瞬間に触手が動いてしまった。

キラキラしてる宝石。

2022年2月25日金曜日

赤ピーマンのような赤い花

 

撮ってる途中で思ったのは、なんとなく赤ピーマンに似てる。

真っ赤なピーマン。かじりたくなった。

[マイブーム] 新たなナイフ

 


新たなナイフ。いや正しくは、新たなナイフのシース。

純正のシースはプラスチックで味もそっけもないので、革のシースに変更。

これでまたナイフ欲が湧き上がること間違いナシ。

何、目指してんねん?てね。

2022年2月23日水曜日

2022年2月22日火曜日

ナイフのケースにもはまる

 

昨日、書いたようにナイフにはまっている。

それと併行して、シースにもはまっている。

シースとはナイフの鞘のこと。

先日、ロングスリムナイフをゲットしたので、

レザー作家さんにオーダーして、シースを作ってもらった。

なんとなくイルカっぽい、オルカっぽい、海っぽくてお気に入り。

昨日からずっと首からぶら下げている。

お守りみたいなもんかな。

::::::::::::

*撮影メモ

ナイフのグリップに使われてる素材はブビンガという木材。

このブビンガ。アフリカ産のもので、それなりに希少価値があるらしい。

それを知って、ネットを探ってブビンガの木材を購入。

それを撮影台として使い、こちらを撮った。

まさに、こだわりのワンショット。

2022年2月21日月曜日

ナイフにはまる

 

最近のマイブーム。ナイフ収集。

アウトドアにはまっていて、その中でもナイフに凝るようになった。なもんで、うちには何本ものナイフが転がり込むことに。

最初は安いのだけだったんだけど、今回のは値が張った。とある作家さんからポチったハンドル部分がエゾシカのツノで出来たナイフ。ナイフの刃がまた凝っていて、錆びないように黒錆処理が施されている。だから、ブレードはシルバーでなくてブラック。

アウトドア用にゲットしたのだけれど、とりあえず切ったのは長ネギ数本。このナイフからは「ネギ切るのに、ワシを買うたんかぁ?」とつっこまれている。

そのあとに切ったのは大根。

まあ、そのうちにもっとワイルドなことに使うべさ。

とりあえず所有欲は満たされてるので、これでいいのだ。

2022年2月15日火曜日

謎葉判明

 

今まで、ずっと謎のベールに包まれていた葉っぱ。

この真冬に花という花が見当たらない中、赤い葉っぱが印象的で、ずっと何なのか気になっていた。

花であればネットで検索すれば、見つかることが多い。

だけど、葉っぱとなると、何の葉っぱなのかを調べる術がなかった。

 

この冬、家の近くに分譲住宅が出来た。その一角に小さな公園も出来た。

あっ、あの葉っぱだ。と、前から気になっていた葉っぱが植え込みにズラリ。

例の、例の葉っぱじゃん。でも、相変わらず名前がわからないじゃん。

途方に暮れそうになったけど、にゃんと、看板発見。

この葉っぱ君の名前。

オタフクナンテンじゃとな! 

オーマイガー!

判明した。ありがとう植え込み師さん。

 

家に帰って翌日、あの葉っぱの名前なんだっけ?

と思い出してみる。

忘れもしない名前。

フクスケナンテンやったよな。

さすが、自分!よう憶えとった。

ん?んんんん?

フクスケナンテンやったっけ?

いや、それでええやろ。間違ってない。

現場で撮っておいたメモショットを確認。

福助、福助、るんるんるん〜

げ、げげげ、記憶間違い。

オタフクナンテンやがな〜

アホ、アホ、アホ、アホな俺。。。トホホ。。。

オタフクナンテン、ぞな。

また間違うといけないので、ファイルに記入した。

お多福、お多福、とね。